2021.02.20

#福島 #地震 #令和3年2月13日 #震度6強 #マグニチュード7.1 #兵庫県 #西宮市 #すむーず

令和3年2月13日、福島県を中心とした東北・関東地方で大きな地震が発生してしまいました。
マグニチュード7.1、震度は6強でした。
被災された皆様には、非常に寒さが厳しい中、復旧などに尽力されたり、避難所やライフラインが復旧しない中生活をされている全ての皆様方にお見舞いを申し上げます。
私の住む兵庫県西宮市では、揺れはほとんど感じませんでした。
私の子供が住む大阪市内のタワーマンションでは長周期振動の為か揺れが長く続き、乗り物酔いの様な感じがした様です。
今回の地震は夜の11時過ぎに発生しました。東日本大震災は日中に発生しましたが、最近の大きな地震は夜の時間帯に多く起きている様に思います。
日本に住んでいる以上、どこに住んでいても地震から逃れる事はできません。首都直下型地震や南海トラフ地震など危険性が大きく騒がれている地震がありますが、それらと同等、あるいはそれよりも発生する危険性が高いと言われる他地方の地震も存在する様です。
私達にできる事は、地震予知が完璧にできる未来を待つのでは無く、家具を固定し防災備蓄をしておき、避難場所と避難経路を確認し、実際に被災した時に家族や仲間とどう連絡を取るかの確認を致しましょう。
私は防災に関係する仕事をしておりますが、天災に関する事については防災という言葉は不適切だと感じております。天災に関してはあくまで減災という心構えで対策すべきだと思います。
天災は防ぐ事は出来ません。
少しでも事前の準備で、発災時に困る事を減らせる様に致しましょう。
天災だけに限られる事ではありませんが、実際に天災が起こった、その時の事を想像してみて下さい。
あなたはどんな事に不便を感じたり、不安を感じたりされるでしょうか?
それに対してご準備下さい。

弊社では防災・減災・備蓄に関するご相談も承ります。
ぜひ一度ご相談くださいませ。

ご相談、下見調査、お見積りは無料です。
お電話、メールにてご連絡下さい。
すむーず
0120-825-822
info@smooth-pm.com
#地震
#震災
#津波
#福島
#2月13日
#震度6強
#マグニチュード7
#防災
#減災
#備蓄
#防災食
#避難所
#南海トラフ
#首都直下型地震
#防災士
#災害備蓄管理士
#兵庫県
#西宮市
#すむーず